ホーム  >  嵩村桂

嵩村桂

秋葉区の地酒、嵩村桂(たかむらけい)

それは発起人、桂澤一美氏の一言で始まりました。

「秋葉区の人、米、蔵でお酒を醸せないかな」

その心意気にタカツカ農園の眥予嗜沙瓠村祐酒造の村山健輔氏が動きました。

酒造りにも3人が携わり、銘柄は、3人の名字から1文字ずつ取り
「嵩村桂」(たかむらけい)と命名されました。
ラベルの書を女流書家の泉田佑子氏が担当。

口当たりの柔らかさ、キレの良さを併せ持ち、奥に秘めた芯の強さが感じられる非常に完成度の高い1本です。

商品一覧

<< 前のページ | 次のページ >>

嵩村桂

秋葉区の酒、嵩村桂(たかむらけい)

秋葉区の人、農家、蔵が一体となって酒を造りました。

秋葉区の高塚農園の高塚氏、村祐酒造の村山氏、村山氏の同級生である
桂澤一美氏の一文字づつ取って「嵩村桂」(たかむらけい)と
名づけられたお酒です。

口当たりの柔らかさ、キレの良さを併せ持ち、奥に秘めた芯の強さが感じられる非常に完成度の高い1本です。

ラベルは加茂氏在住の墨遊はちまき屋主宰、泉田佑子さんの書です。

嵩村桂(たかむらけい)

秋葉区の酒、嵩村桂(たかむらけい)

秋葉区の人、農家、蔵が一体となって酒を造りました。

秋葉区の高塚農園の高塚氏、村祐酒造の村山氏、村山氏の同級生である
桂澤一美氏の一文字づつ取って「嵩村桂」(たかむらけい)と
名づけられたお酒です。

口当たりの柔らかさ、キレの良さを併せ持ち、奥に秘めた芯の強さが感じられる非常に完成度の高い1本です。

ラベルは加茂氏在住の墨遊はちまき屋主宰、泉田佑子さんの書です。

<< 前のページ | 次のページ >>