わらかけ 茶乙女

わらかけ 茶乙女

わらかけ(かぶせ茶)として愛用されています。昔は発芽期にわらをかけていましたので、わらかけの名称が残っています。現在は主に寒冷紗、網等を使い日光をさえぎり、新芽をかたくさせないで造ります。 

製品は煎茶と玉露の中間です。

 
■お茶の量・お湯の温度、量
・急須にお茶(1.5合急須、大さじ1杯5g)を入れる
・お湯を少しさましてから(70℃)急須に注ぐ。

■お茶の入れ方
約30秒待ってから茶碗に交互に注ぎ、急須にお湯を残さず最後の一滴まで注ぐ。

お茶の注文の場合のみ、8,000円(税抜)以上お買上いただくと送料は無料になります。
8,000円(税抜)未満の場合は、別途ご相談ください。

CD 種類 価格  
100g ¥720 (税込 ¥777)